ウサギの皮膚腫瘍

ウサギさん皮膚腫瘍

かなり大きめの皮膚腫瘍です。



陰嚢に接しており、あまり皮膚切開に余裕がとれません。
血流も豊富です。




術後はすっきり。
エキゾチックアニマルの手術では、皮膚縫合はすべて埋没縫合で行います。
エリカラなどいりませんので。









ウサギの避妊と膀胱結石

 うさぎさんの避妊手術膀胱結石手術です。




ウサギさんの手術の基本スタイルです。
万歳してウルトラマンみたいなカッコになってしまいます。




犬・猫・フェレットと同様に、気管挿管による呼吸管理及び血管を確保しての静脈点滴必須です。
他の動物よりは気管挿管はやや難しいですが、
安全なウサギの麻酔のためには重要な要素となります。



まずは避妊手術。右側が摘出した卵巣・子宮です。
ウサギは子宮癌の発生が多く、卵巣・子宮摘出のみがその予防方法となります。



次に膀胱結石摘出手術
ウサギは膀胱壁が薄いんで、縫合がいつも不安です。



フクロモモンガの断脚手術

フクロモモンガの脚の切断手術です。

フクロモモンガは隠れるのが大好きです。
とにかく何かにもぐります。
この子はどうも潜っていた袋に脚を引っかけてしまったようで、それを気にしてかじり、
完全に脚が骨だけになってしまいました。


こんな感じで、左後肢が完全に骨だけになってしまっています。
この子達は自分をかじってしまうことが往々にしてあります。

手術のポイントもそこにあります。
いかにかじられない手術を行えるか、いかにかじられても大丈夫な手術をするか、
手術の成否はすべてそこにかかっています。



麻酔はこんな感じ。
鎮静・鎮痛後に、ガス麻酔で維持をします。
気管内挿管を行わない点を除いては、ほとんど犬・猫と同じ麻酔です。







すっきり。
多少なめられても大丈夫に縫ってあります。



カメの嘴削り

カメの嘴過長。
過剰に伸びてしまった嘴を削って、正常に近い形に整復します。



上顎の嘴が伸びてしまっています。
原因は様々ですが、栄養の不均衡に起因することが多いので、
食事内容、紫外線照射などには気を使っておきましょう。



こんな感じで削ります。
通常は麻酔は必要ありません。ちょっとの間我慢してもらっちゃいます。




フェレットの毛玉症

フェレットの毛玉症

この症例は結構多いです。
主に食欲不振、そして嘔吐を主訴として来院されます。

CT撮影すると、胃内にしっかりと毛玉が映ります。

症状を呈している、大きな毛玉は内科療法ではどうすることもできません。
小さな毛玉の場合には、つるっと流れてウンチに出てくることもありますが。



おなかを開けると、胃内に毛玉が充満しているのがわかります。


こんな感じで、胃を切開して、毛玉をずるずるっと取り出します。


取り出した毛玉はこんなのです。
そのまんま、フェレットの胃の形になっています。

今後再発しないよう、毛玉除去剤を定期的に投薬していただきます。


フェレットの膀胱結石

フェレットの顔はこんな顔。
どの種類の動物にも似ていると思いませんか?


 

で、膀胱結石の手術です。
どの種類の動物でも膀胱結石は結構あります。
犬、猫、フェレット、ウサギ、チンチラ、モルモット、ハムスター、亀
いろんな動物の膀胱結石の手術しています。


膀胱内に結石が複数個





とった結石。
これが膀胱にあったら・・・、イヤだな。