フェレットの毛玉症

フェレットの毛玉症

この症例は結構多いです。
主に食欲不振、そして嘔吐を主訴として来院されます。

CT撮影すると、胃内にしっかりと毛玉が映ります。

症状を呈している、大きな毛玉は内科療法ではどうすることもできません。
小さな毛玉の場合には、つるっと流れてウンチに出てくることもありますが。



おなかを開けると、胃内に毛玉が充満しているのがわかります。


こんな感じで、胃を切開して、毛玉をずるずるっと取り出します。


取り出した毛玉はこんなのです。
そのまんま、フェレットの胃の形になっています。

今後再発しないよう、毛玉除去剤を定期的に投薬していただきます。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック