会陰ヘルニア

会陰ヘルニア
去勢をしていない雄犬特有の疾患で、
会陰部 (いわゆる尻)の部分の筋肉が委縮し、筋肉同士の結合が理解し、筋間から腹腔内臓器が出てくる病気です。



直腸が蛇行、脱出することで、便が出にくくなる、というのが主な症状です。
便がたまっていて、踏ん張る、けど出ないって・・・、辛そうです。



この手術の肝は、きちんと筋肉を把握することです。
外肛門括約筋、尾骨筋、肛門挙筋、内閉鎖筋、そして仙結節靭帯
後は単純にこれらを縫って、腹腔内臓器が脱出しないように閉鎖するだけ。



当院では、ほとんどの症例で内閉鎖筋フラップを利用しての整復」で対処しています。
筋肉の委縮が重度で、縫合が困難な時は人工物(インプラント)を使用します。

写真が全く面白くない・・・。

会陰ヘルニアは、去勢手術をしていればほぼおきません。
若いうちに去勢手術をしちゃうことをお勧めします。




2012.10.18 Thursday | 外科疾患17:19comments(0)trackbacks(0) | by http://www.family-ah.com
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック