上腕骨骨折

猫の交通事故による上腕骨骨折
ほんの数年前までは、交通事故も、それによる骨折もよく見かけました。
が、ここ2-3年は極端に交通事故が減りました。
皆さんが屋内で飼育するようになったからだと思います。

久しぶりの野良猫の上腕骨骨折です。
バッキリ折れて、しかも2週間ほどの時間が経過しています。



2年前までは、DCPプレートというものを用いて骨折の手術を行っていました。
今も獣医療界では、ほとんどがDCPプレートを用いて骨折の治療が行われています。

当院では現在、LCPという新型の骨プレートを用いて骨折の治療を行っております。
これはいいです。
非常に高性能で、整復は安定しており、治癒も早い、手術時間も短い。
骨折の手術が非常に楽になり、安心感が抜群です。



プレートロッド、と言われる、髄内ピンにコツプレートを併用する整復法を用いています。


2012.01.05 Thursday | 整形外科00:58comments(0)trackbacks(0) | by http://www.family-ah.com
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック